売れるメニューの作り方

メニューデザイン

極端な値段は嫌われる

人間は、他と比べることで、どのくらいの値段が妥当なのか、相場感を得るものです。したがって、最初に目につくフィレ肉が4000円であれば、その下のリブアイ3200円や豚肩ロースの2800円が不思議と安く感じられるのです。また、極端に高いものや極端に安いものはあまり頼まれない傾向にあります。これはワインリストの中で二番目に高いワインが一番注文されるのと同じ現象です。つまり、中間くらいの値段のものはオーダー率が高くなります。

一番高いものが最初に目に入るようにし、押し出したい商品を、少し値段を下げてその近くに配置するデザインにすることで、上手にお客様のオーダーを誘導しましょう。

二人前の効果

「モツ鍋 一人前2400円(2人前から)」これは絶大な効果を発揮します。特にデートのお客様に。デート中のお客様というのは、値段をそこまで気にしません(デート相手にケチだと思われたい人なんていませんよね。)さらに、デート中は、一人前の値段を2倍にして合計金額を計算する、なんてきっとしません。だって算数以外に考えることがたくさんありますから。

二人前からしか頼めないものを用意し、一人前の値段を書いておくことは客単価を上げるためのちょっとしたテクニックです。

サイズ違いを用意することでオーダー数アップ!

複数のサイズでお料理を提供することは非常に効果的です。小さいサイズをオーダーできると、不思議とお金とカロリーをセーブした気持ちになります。これは結果的にオーダー数が増えることにつながります。

おすすめ商品は枠線で囲もう

わたしたちの目はついつい、枠で囲まれたものに注目しますよね。お客様もそれは同じで、枠線で 囲まれたものを注文しやすい傾向があります。黒枠を上手に使い、シェフが押し出したいお料理をお客様の目に止まるようにしましょう。難しければテンプレートを使うのもいいですね。簡単に見やすいメニューを作ることが出来ます。

シズル感のある言葉を入れよう

メニュー名は少し詳しめに書きましょう。ただの「ハンバーグ」より、「肉汁たっぷりハンバーグ」のほうが、美味しそうに聞こえませんか?また、聞きなれない名前にすることで、なんだろう、頼んでみようかな、という気持ちを引き出すことも出来ます。アボカド爆弾?なにそれ頼んでみよう!みたいに。お客様の好奇心をくすぐる名前をつけましょう。

メニューは縦で二分割

メニューは縦で二分割し、値段だけが縦に並ばないようにしましょう。そうすることで、値段だけを並べて比較することがなくなり、お客様は値段ではなく、何を食べたいか、で注文を決めるようになります。これもテンプレートを使えばなんなくできます。積極的に活用しましょう。

でも何よりもお客さんの満足度が大切ですね

ここまで、お客様のオーダーを誘導するためのメニューづくりの工夫を紹介してきました。そうはいっても、レストランの本来の喜びとは、お客様のご予算に関係なく、幸せな体験をしてもらい、満足して帰っていただくこと。メニューづくりの工夫はあくまでお客様に対するご提案であり、なにかのオーダーを強制するものではありません。すべてのお客様が予算に関係なく、満足できるようなお店づくりを目指していきたいですね。

メニューのデザインはセンスと時間がかかります。Menu Makerなら簡単にオシャレなメニューを作成することができるので、ぜひお試しください!